【洗車♪】ヒダカの高圧洗浄機HK-1890を使って、しっかりクルマをきれいにしよう♪

年間300台以上の『ルークリ』を出張施工しているかずやんがお届けする、

『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。

 

更新は、ほぼ2か月ぶり♪

いやぁ~・・・

おかげ様で、忙しくさせていただいております♪

 

 

 

っで、今日のお話なんですが、

かずやん、

ルークリチャンネルを開設しているだけあって、

車両の室内のルークリ(ルームクリーニング)のみが専門のプロと思われがちなのですが、

実は実は、

ほとんど、外装も込みで施工しております。

 

外装では、

大きく分けて3パターン。

 

①手洗い洗車のみ →ケミカル等を使用し、ボディ表面の状態を良くし、洗車のみで光らせます♪

②中古車商品化用の磨き →塗装の状態を改善し、光らせます♪

③ボディーコーティング →マニキュアコート という、ポリマー系で濡れ艶感重視で光らせます♪

 

今回は、

①の洗車のみのお話です♪

しかも高圧洗浄機に特化♪

しかも、初の動画もありっ!!

 

 

スポンサーリンク

【洗車♪】ヒダカの高圧洗浄機を使って、しっかりクルマをきれいにしよう♪

 

高圧洗浄機

 

かずやんは、

いろんな車屋さんに行きますが、

そこには、200V使用の業務用の高温高圧のスチーム洗浄機がほとんど設置されており、

灯油のボイラーで熱せられたMAX80度のお湯が、ものすごい勢いで噴射され、それで車両を洗っております。

 

その洗浄力はすさまじく、OIL等の油の汚れまで取れていく!スバラシイ!!

でもそんな設備は車屋さんにしかありません。

だから、今日のお話は、家庭用の高圧洗浄機のお話です。

 

洗車ってどうしてますか?

 

手洗いですか?

洗車機ですか?

 

昔、かずやんが新車の営業マンだったころ、

納車したお客様には、

 

たまには手洗いで洗車してくださいね~♪

手洗い洗車をした方が、よりこのお車がかわいく思えてきて、大事に乗るようになるんです。

だって、なでるように洗ったり拭いたりするでしょ?

かわいいかわいいって手洗い洗車する人ほど、ほーんとぶつけたりしないんですよ~♪

 

なーんて言って、洗車の方法までお伝えしておりました♪

さらに、お客様と一緒に洗車したこともしょっちゅう有りました♪

 

古き良き、お客様ひとりひとりに寄り添う営業スタイル♪

そうやっているうちに、お客様のおかげで、販売台数TOPになっておりました・・・。

今の時代じゃできない、営業スタイルですね~・・・( ̄▽ ̄;)

 

いかん! 脱線した!

今は、洗車すらしない人が多すぎる!!

 

日々、ルークリ対象の下取り車たちを見てそう思うんですが、

洗車をほぼ全くしていない車両が多すぎる!!

 

ボディーコーティングを新車からする人が多い中、

コーティングしてあるからってほったらかしにする人や、

 

最初の3年くらいは頑張って、

後はもう・・・って人?

 

もったいないです。本来は、

洗車が一番大事っていうのを知らない人が圧倒的に多いように思います。

 

スポンサーリンク

 

まめな洗車をすれば、クルマは『キレイ』を保ちます♪

 

まぁ、洗車機でもよいです。

洗車機でもよいから洗車をしてあげてくださいね。

せめて、

虫と鳥の糞だけは、こまめに取り除いてくださいね!

・・・塗装をダメにしますので・・・

 

 

 

でも、

ここは『ルークリチャンネル』

 

ちゃんとした洗い方を、ここで発表!!・・・はやはり難しいかな。

 

でも、大まかに手順をご紹介させていただきます。

 

 

まずは高圧洗浄機で汚れと砂を飛ばさなきゃいけない!

 

高圧洗浄、使わなきゃいけないのか!

って感じですが、

普通にホースの水を流しながら、じゃぶじゃぶ車を洗ってるより、

ものすごく節水になって、エコなんですよ♪

 

比較なので、実際とは異なりますが、

知ってました?水道って、1時間出すと1000Lくらい使うんですよ!

 

下記に出てくる家庭用高圧洗浄機なら、330L~400L/h !! (ちなみに業務用はしっかり1000L/h 使います!)

うちのお風呂は、180L設定なのですが、そう考えると、洗車って、お水、めっちゃ使いますもん。

 

エコで時短!、効率的♪

使わなきゃ損ですよ♪

 

 

かずやんは普段、クルマ屋さんの業務用の高温高圧スチーム洗浄機を使うって言っておりましたが、

 

他の出張施工のときには、

家庭用のケルヒャーのK2クラッシック

ただ、高圧ホースは5mしかないので、社外品の15mのホースを使用♪

これがまた、ほんとにしなやかでなかなか良い♪

 

狭いところが多いので、ホースの取り回しの自由度は大事です。

性能は、

消費電力: 1000W 最大許容圧力: 8MPa(常用は2~6MPa)

最大吐出水量: 330リットル/h (常用は202L/h)

洗浄効率1692 定格使用時間: 最大1時間 質量: 3.8kg

ざっと書き出しましたが、

まぁ、性能よりも、車載のことを考えたコンパクト重視!

パワーは無く、ケミカル類(洗剤)を駆使しながら、じっくりゆっくりと時間かけて、使っておりました。

 

出張施工では、これからもK2クラッシックを使っていくのですが、

もっとハイパワーの高圧洗浄機がどうしても欲しい!!

 

ってことで、ここで、新アイテム! 導入しました♪

ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 静音 HK-1890 2点セット

性能は、

消費電力 1,100 W  吐出圧力 最大許容圧力 12.0 MPa

常用吐出圧力 9.0 MPa  吐出水量 60Hz:350 L/h

洗浄効率60Hz:3150 給水温度 最高 40 ℃  本体重量※付属品を除く 12 kg

 

ざっと書き出しましたが、この性能の数値は結構すごいことなんです。

 

洗浄効率とは、特殊なテスト環境でMAX性能を試すときの数値ではなく、実際にその製品を使用したときにでる水圧=常用吐出圧力と、常用水量を掛け合わせてはじき出した、高圧洗浄機の能力を表す理論上の数値です。かずやんは、ここを重視します。

 

ちなみに、いろんなお得なセットがあります。

今回選んだ2点セット内容は、

標準セットに加えて、延長10mの高圧ホース!(+洗車ブラシ・・・は使わないかも?)

これで、標準10m+延長10mで20mホース♪めっちゃ楽です♪♪

 

高圧洗浄機はケルヒャーが有名!・・・ですよね!

比較はもちろん、ホームセンターに行けば、ほぼ置いてあるケルヒャー!

ほーんと、どこでも置いてあります。ここからは、わかりやすくするために、常用吐出圧力と 洗浄効率のみの表記で行きます。

 

普通のケルヒャーK2だと常用吐出圧力は7MPa 洗浄効率2170・・・、

コンパクトなK2クラッシック常用吐出圧力は6MPa 洗浄効率1692から比較すると、同じK2なのに全く違う!!

お値段的には、ケルヒャーのK3かなぁ・・・常用吐出圧力は7.5MPa 洗浄効率2475・・・K2クラッシックよりははるかに良いが・・・うーん微妙・・・

中間をとって,ケルヒャーのK4・・・常用吐出圧力は8MPa 洗浄効率2880・・・いやいや、たけー・・・余計なもんついてるしー!

性能的には、ケルヒャーのK5だよね・・・常用吐出圧力は8MPa 洗浄効率3200! さすが最高値!!・・・でもたけー( ̄▽ ̄;)!!

ってな具合で、比較してったら、

 

毎日のように使っている、ヒダカ シートクリーニング用リンサー SRV-01C

このメーカーのヒダカさん、

本来は、高圧洗浄機専門店だったー!!

すみません。

 

 

では、改めて見てみましょう。

常用吐出圧力 9.0 MPa ×吐出水量 60Hz:350=洗浄効率60Hz:3150

性能的には、ほぼケルヒャーK5レベル!

でも、価格的には、K3レベル!!

大きさは、まぁおんなじくらい!!!

 

って、

もうヒダカの高圧洗浄機しかないっしょ!!

 

って感じで、決定♪

 

早速購入して、使ってみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

さーて、ヒダカの高圧洗浄機の洗浄力はいかに!!

 

https://youtu.be/i3a58MMavqA

 

ってことで試しに、うちの、
苔まるけ積車ちゃんを洗ってみました!

 

しかも、初のYouTube動画にしてみました♪

※あっ、動画下手くそとか、なんで画面が縦やねんとか、言わないで!

YouTubeにUPするつもりはなかったもんで、適当に動画とってました・・・( ̄▽ ̄;)

しかも、スマホの無料のアプリでの編集なので・・・もうっ気にしないでっ!!

しかししょぼい動画でYouTubeデビューしたもんだ・・・。

 

 

 

 

しかしすげー!

ケルヒャーK2クラッシックでは、ただただ水をかけただけってレベルで、葉っぱ飛ばすくらいしかできなかったんですが・・・

よきっ♪

めっちゃよきっ!!

 

しかしこれ・・・ちょっと、注意が必要です!

 

ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890 の注意点!

 

何かというと、

動画の中にもありましたが・・・

 

やべー、威力強すぎ!!

 

積載車みたいなトラックや、農機具レベルなら、

付属のターボノズルでガンガン洗ってもいいんですが、

 

クルマのボディには直接、当てちゃいけないレベルの威力です!

あと、劣化している塗膜に当てると・・・一発でハゲます!!

 

動画には取ってないけど、他にもハゲたとこが・・・

 

ターボノズルで直接ボディに当てると見えないキズができる!!

そうなんです。

ボディ磨きや、ボディコーティングもしているかずやんにとっては、

これはいかん!!

ボディにとって良くない!!

 

あぁ、ケルヒャーの上位機種でも一緒ですからね。高出力モデルは要注意です!

もちろん、コイン洗車場の洗浄ガンも同じです。

 

見えないキズは、まぁ見えないけど、確実にボディを痛めております。

そこに汚れがたまったり、水アカが取れなくなったり、劣化を促進させたりと、いろんな影響を及ぼします。

大切なお車ですから、そこは、注意しましょう。

 

 

ってことで、

あれこれやってみて、最終結果はこちら!

ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890の性能を活かした洗車の仕方♪

 

大切なこと

どのパートも共通です!

汚れと砂やほこりを、しっかりと高圧洗浄機で飛ばしてから、

それぞれの洗剤の力を使ってやさしく洗い、そしてしっかりすすぎ、最後には優しく拭き上げる。

これが一番大切なことになります。

 

こうしないと、

スポンジやマイクロファイバーに絡まった砂や汚れで、洗車ごとに傷をつけるだけの作業になってしまいます。

ましてや、

ボディを濡らしただけでこするとか、

最悪なことに、濡らしたマイクロファイバーで拭くだけとかは、ただキズをつけてるだけ!

洗車がキズを増やす行為になり、洗車ごとにボディはくすんできます。

それなら洗車しない方が良いってことになります。

 

実際、クルマ屋の人間でも、残念なことに何にも考えずにこれをやっている人も数多くいます。

 

そんなことにならないよう、

しっかりと、高圧洗浄機で砂とかを飛ばしてくださいね。

 

また、

夏場では、洗浄中にすぐに洗剤が乾いてきますので、

乾いてきそうになったら、

ぶしゅっぶしゅっって、こまめに霧状の水をかけて、表面を濡らしながらの作業をしてくださいね。

洗剤が乾くと、ボディを痛める原因になりますので、ここは、外せませんよ!

 

タイヤ、ホイール、タイヤハウス内はターボノズルが最高!!

ホイールはちょっと遠めから当てていきます。

タイヤやホイールハウスはしっかり当てても大丈夫♪

 

もちろん、ホイールに傷があったり、劣化がある場合は、標準ノズルの広角にしてくださいね。

威力により、塗膜のクリア層がハゲたらいけませんから!

 

しかしこの威力のおかげで、

タイヤ周りの洗浄の時間が、めっちゃ短縮になりました♪

 

ボディには強すぎるので、標準ノズルの最大広角がベスト!!

標準ノズルの先を回せば、ストレート~最大広角まで無段階に調整できますが、

ボディに対しては、最大広角が一番使いやすい♪

すすぎのときも、広範囲にすすげますので、時短にもつながり効率的♪

 

またここでも、かずやん流のこだわり♪

かずやんは、

高圧洗浄機を使うときには、必ず、

ボディに対して直角に当てないで、斜めに当てていきます。

これは鉄則!!

汚れているところなんかは、どうしてもノズルを近くに持っていき、汚れを落としたいですよね?

直角にやりがちなんですが、ここは我慢!絶対に斜めから当ててくださいね。

コイン洗車場の洗浄ガンも同じですから、

お車のことを大切に思うのなら、直角に当てない!

 

2点セットのウオッシュブラシは洗車には使えない!

毛がかたい!!

クルマのボディには全く使えません!!正直、洗車機のブラシより、キズが付くかも!!

洗車には使わないことをお勧めします。

 

標準10m+延長10m=20mホース♪便利♪

本体にコロはついていて、コロコロと転がせばいいんだけど、
うちみたいな砂利や芝のところでは、無理!

持ち上げるのは、重い!!

しかもつないでる水道ホースとセットで動かすのはめんどい!!!

 

本体を動かさず、延長ホース込みの20mホースをぶんまわして使う方がかなり効率的でした♪

 

 

総合的に、ヒダカの家庭用 高圧洗浄機 HK-1890は めっちゃよきっ♪

 

早速、

ボディーコーティングのお仕事が連チャンでありましたので、使いましたよん♪

 

いやぁ~しかし、

今までのケルヒャーK2クラッシックでやっていたことを考えると、

全く時間のかかり方が違いました。

めっちゃ早っ!!

 

もちろん、洗浄力が高いからこそノズルの使い分けは必要ですが、それは一瞬の手間ですし、

この高圧洗浄機の性能を活かして効率的に、クオリティを上げながらの洗車♪

もう、病みつきです♪

 

 

本気で、このヒダカの家庭用 高圧洗浄機 HK-1890!

よい♪

しかもこのお値段♪

 

コストパフォーマンスは相当良いものでした♪

 

やべー

出張施工でも、こっちを使いたくなっちゃうよ~・・・どーしよー・・・。

出張作業車のエブリイちゃんには、もう載せるスペースなーい!!

営業車のデリカD5だすか!・・・悩む~・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

ちょっとここで、おまけのお話。

かずやんのように、業務で使用する場合は、重要なお話です。※個人の方がご家庭で使う場合は全く関係ありません。

ヒダカ家庭用 高圧洗浄機 HK-1890を業務使用する時の注意点!

だーって、

これだけお得な価格で、これだけの高出力!!

かずやんのようなルークリマンや、

中古車販売専門店など、整備をしなくて業務用の高温高圧スチーム洗浄機を持っていないクルマ屋さんでも

これだけのものなら導入したいって思うはず!

 

そこで注意点!

それは、

HK-1890は「家庭用」であるという点です!

ヒダカもケルヒャーもほかのメーカーでも、

わざわざ、『業務用』とか『家庭用』とか、しっかりと表記を分けております。

これは、

当然、使用頻度と耐久性の問題であり、

『業務用』と記してあるものは、ハード使用に対応できる仕様のため、

部品ひとつひとつが耐久性重視となり、価格も当然ながら全く異なり高くなります。

例えばこれ。

ケルヒャー 高圧洗浄機 業務用 高圧洗浄器 HD4/8P

100V仕様 吐出圧力: 8MPa 吐出水量: 400リットル/h で、価格は4倍近く高値!!

まぁしゃーないですよね。耐久性重視ですから。

 

 

かずやんは、使用頻度はそこまで多くないので、完璧コスパ重視!だからヒダカ!!

どこのメーカーでもそうですけど、

『家庭用』高圧洗浄機の『業務使用』だと当然、保証は効きませんが、

かずやん
そこは自己責任!
津 彼太くん

でた!自己責任!!

 

かずやん
使いつぶして買い換えりゃよいのさっ!

それでも十分もとは取れます・・・ていうか、かずやんは、既に、

ボディーコーティング連チャン作業で、もう取れてますから♪えへっ♪

 

 

ってことで、

めっちゃ長くなってしまいました。

 

洗剤については、外装編アイテムを見ていてくださいね。

関連記事

『ルークリチャンネル』のかずやんが愛するアイテムたち 外装編かずやんです!皆さんが便利に使いやすいように、まぁ、こっちも自分が使いやすいようにするためもあるのですが、いろいろとご要望もいただいておりますし、[…]

 

 

じゃー今回はここまで!

 

 

では。

『ルークリチャンネル』の最新情報をチェック!
スポンサーリンク
>最強の『ルークリ』情報をビジネスに!

最強の『ルークリ』情報をビジネスに!


●『ルークリチャンネル』のかずやんです!

・【個人】でこれから自分の力で稼ぎたい方!
・カーディテイリング業界で起業したい方、起業している方!
・業務で『ルークリ』をやっている方!
・中古車販売業を営む方!
・ディーラーの方!
・さらには中古車商品化センターを作ろうとしている方! 

皆様が、カービジネスに使える『ルークリ』情報を、
いろんな角度から価値提供する日本一のコンテンツを目指します!

TOP
CTR IMG