【必須アイテム!】照明は『演色評価数』が高いものを選べ!

年間300台以上の『ルークリ』を出張施工しているかずやんがお届けする、

『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

 

本日は、照明のお話です。

 

 

 

今回の内容は、

【個人】の方も、【プロ】の方も、なかなか知らない照明の世界の話です。

 

でも、知っておくと便利に使うこともできます!

 

もちろん、家庭でも!

 

 

今までは、

なんとなく選んでいた照明の選び方が、変わり、

生活に潤いが出るかもしれませんよ~♪

 

ちょっと楽しみに、お話を聞いてくださいね~♪

 

 

 

では、

【必須アイテム!】照明は演色評価数が高いものを選べ!

っていうテーマで、お話をさせて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

【必須アイテム!】照明は演色評価数が高いものを選べ!

 

 

照明って、今、何を使ってますか?

 

電球!

いいですよねー。暖かくってー。

 

40Wくらいのクリア電球が好きで、

そればっか使ってた時期もあったなー。

かずやん
優しく照らしてくれる空間が、癒しだったぁ~
でも、もう製造していないんでしたっけ?

どうでしたっけ?

 

 

蛍光灯!

 

これはまだまだいらっしゃるかもしれない。

 

お部屋の天井にくっついてる、シーリングライトの多くは丸型蛍光灯ですから、

そのまんま、お使いになられていることも多いでしょう。

 

ぼんやりとした光がお部屋全体をつつみ、お部屋自体を明るくする照明ですねー。

 

これも、もう製造していないんでしたよね・・・?

 

交換用の蛍光灯自体はあるのかな?

 

 

LED!

 

消費電力も落とし、結構明るいLED!

 

地球温暖化のためにLEDに切り替えよう!みたいなこと言ってたのって、

もうかなり前ですよねー。

 

当時は、

LEDは暗いってイメージ。

 

でもいまや、

フルLEDってお宅も多いですよねー。

かずやん
ちなみに我が家も、フルLEDです。

夏は特に、

照明自体の発熱量がはるかに少なく、快適に過ごせるってこともメリットの一つですもんね。

 

 

 

でも、ご存じでした?

 

そのLEDライト、まぁ、電球型の方ですけど、

太陽の光に近いLEDがあるってことを!

 

 

 

演色性

 

まず、これを知っておかなければいけません。

 

私たちが見ている『色』って、何をもって、本当の『色』にすると思いますか?
津 彼太くん
は?何?何のこと??

 

訳わかんないこと言うな!って感じですが、重要なポイントです。

 

 

考えてみてください。

 

同じものを見た時に、そのものを照らす光によって、色が変わって見えませんか?

 

 

例えば、

 

電球でいうとクリア電球と、白い電球で見え方変わりますよね?

 

蛍光灯・・・同じく!

 

お手持ちのLED・・・こっちの方が、そのLED電球の性能によって、いろんな色に見えてしまいます。

 

そうなんです。照明によって、色の見え方が違うんです。

 

 

極端に言うと、

真っ白の紙1枚!本当の色は真っ白!これはわかりますよね。

 

でも、

青いライトで照らせば?・・・紙は青く見えます。
じゃ、赤いライトなら?・・・当然、紙は赤く見えますよね。

 

ようは

照らされた物の色の見え方に、影響を与えている光そのものの性質のことを

『演色性』って言います。

 

洋服だって、店舗の証明に照らされて、この色ならOKって買ったものの、

ウキウキして来て、外に出てみたら、

 

なんかイメージと違う・・・!?なんてことも、あったりするものです。

 

 

 

演色評価数(Ra)

 

『演色性』が光そのものの影響なら、

何を基準にしたらいいのか、分からなくなります。

 

 

そこで、

誰もが共通認識できる自然光=太陽の光を基準とし、

その太陽光のもとで見えてる色と比較して、どのくらい違って見えるのか!ってことを数字化したものが

『演色評価数』といい、記号は『Ra』で表記されます。

 

 

詳しく知りたい方は、ご自身で調べていただくとして、

 

簡単に言うと、

演色評価数は、太陽光を基準(実際には、人工的に作られた基準光)を100として、ずれていけばいくほど、その数値は小さくなっていきます。

 

つまりは、

『演色評価数(Ra)』の数値が100に近いほど、対象物を自然な色合いに見えるように照らすことができるLED光源であるということになります。

 

通常の電球や照明には、この『演色評価数(Ra)』表記はありません。

(本当は違う理由もありますが・・・)

 

でも、

 

『高演色』をうたい、

自然色に近い色を表現できます!って性能をプッシュしたい商品には、

わざと表記をし、その商品の売り文句にしているということになります。

 

 

 

じゃぁ、何が何でも『演色評価数(Ra)』が100に近いほうがいいの?

 

ってことでもありません。

 

やはり

目的により使い分けられていることになります。

 

 

例えば、

ホテルなどは、癒しの空間演出のために、電球色のような癒しのある光にしていますし、

 

逆に、

美術館なら、照明で見え方が変わりますので、

できる限り自然光に近い、『演色評価数(Ra)』が限りなく100に近い照明を使います。

 

それに、『演色評価数(Ra)』を求めていくと、明るさが落ちてくるということもありますので、

車のヘッドライトLEDなんかは、一切演色を求めず、明るさを追及しております。

 

 

『高演色LED』の存在

 

『演色評価数(Ra)』は一般的に見たら、どのくらいの数値でしょうか。

 

一般的には、

通常の蛍光灯の演色評価数はRa60~70程度と言われております。

かなり、実際の色とは離れていたんですね。

 

ちなみに、蛍光灯のときも、『高演色』をうたったものがあり、

Ra90以上のものがありました。

 

 

LEDにもありますよ!

自然光に近いことを売りにしているLED、これが『高演色LED』です。

 

 

 

一般家庭においては、

食卓の上のペンダント照明によく利用され、奥様の料理を、照明の力で、よりおいしく見せる!

 

なんてうたい文句もあります。

 

かずやん
うわ~おいしそ~♪って声が増えそうですよね。

 

スポンサーリンク

 

『ルークリ』に適した照明はどうなの?

 

まさしく、

 

『演色評価数(Ra)』の高い照明を使います!

 

 

もちろん、

『ルークリ』は暗くては何もできませんので、

暗いときに明るくするためだけの照明ってのもありです。

 

 

現にかずやんは、

明るさ重視の、投光器も使ったりしてます。

 

だ~ってー

 

暗いときのお仕事もありますもーん。

 

 

 

ちなみにこれです。

LED投光器20W!2個とスタンドのセット!

かなり明るいです!

夜中に『ルークリ』したこともありますが、

広範囲に照らしてくれるので、

これのおかげで、道具類も照らされ、重宝しました。

 

 

でも、

車内はどうでしょう。

 

それは、目的を考えればわかります。

 

 

『ルークリ』のときの照明の目的

 

①明るく照らす!

 

昼間であっても、例えばシート下や、ドアポケットの底など、

光がないと見えません!

 

②汚れやシミがキレイになったか、確認作業!

 

パッと見で、わかるような汚れ・シミは見えますよね。

でも、『ルークリ』というのは、その汚れやシミをきれいにしていきます。

きれいになると、当然、汚れやシミは見えなくなりますよね。

 

でも、

それって、本当にキレイになってますか?

 

その判断を、パッと見でします?

 

 

クオリティを求めるなら、ちゃんと、『高演色LED』で確認しなきゃ!

 

 

③動物の毛対策にもかなり有効!

 

逆に言ったら、見えすぎます!

 

昨日、

実際に『動物毛まるけルークリ』をしてきたんですが、

 

ほんっと、

パッと見はもうキレイなシートになったって喜んでても、

 

『高演色LED』で照らしたら、

かずやん
まだあるまだある・・・。

シート表皮の下にもぐってる毛まで、見えちゃった・・・。

 

 

そこから、時間がだいぶかかったのは言うまでもありません・・・。

 

まぁ、

クオリティUPは確かです!

一応、キレイにできたっておもってぬか喜びの後に、ドカッと落とされますので、

動物毛のときには、最初っから『高演色LED』を使うことをお勧めします・・・。

 

 

 

どんな高演色LEDがいいの?

値段もピンキリです!

専門的なものはお値段が高いです!

 

 

例えば、かずやんが使用している『高演色LED』のハンディライトは、

これです。

『演色評価数』はRa 95! 

GENTOS ワークライト Ganz ガンツ GZ-103SU

 

見た目、その辺のホームセンターで数千円で売っているものと、

ほぼ一緒ですよね。

 

でも、金額を確認してください!

 

ハンディライトで考えたら、めっちゃ高価!

 

でも、

サイズといい、強度といい、スポット的に照らせる能力といい、

かずやんの目的にとっては、

そのお値段以上の仕事はしてくれますので、必需品です!

【プロ】なら、ハンディLEDもこだわるんです!

この画像は左から、

アストロプロダクツオリジナルLED

モノタロウのやっすいLED

そして、GENTOS ワークライト

光量もそうですが、

青みで白くさせようとしたLEDと高演色LEDでは、写真の写り方も違います。

実際に藻見え方を大きく変化させます。

 

 

が、

 

『ルークリ』のみでこれが必要かというと、まぁ、そうでもありません。

 

ピンポイントで照らしたいだけなら、

お安いハンディライトでもOKです。併用すればいいんですから。

 

 

かずやんが『ルークリ』で、メインで使っている『高演色LED』はこれだ!

 

天井も広範囲で見たい!
室内も広範囲で見たい!
一ヵ所じゃなく、左右2か所の光源で見たい!
先に設置しときたい!だから2セット必要!

 

いろんなわがままをかなえてくれるのは、お安い商品でしょう!

 

ってことで、実際に使っているのはこれです。

 

まぁ便利♪

クリップ式LEDライトの器具と、昼白色で『演色評価数』Ra95の電球の最強セット!

 

 

 

これを、2セット!使用してます!

 

 

まぁ、器具は別々のときに買ったので、実は1個はものが違うんですけど、

 

この写真の器具は優れモノ!

クリップで、車内のいたる所にはさめるし、
角度はぐりぐりと変えられるし、
手に持ってもいいし、
広範囲には照らしてくれるしで、

重宝しまくりです!

 

 

電球の方は、演色性の表示があるかどうか確認!

 

 

『ルークリ』には、必要十分!

 

 

ってことで、

 

これ、おすすめですよ♪

 

 

 

 

 

まとめ
【必須アイテム!】照明は『演色評価数』が高いものを選べ!演色性
演色評価数(Ra)
じゃぁ、何が何でも『演色評価数(Ra)』が100に近いほうがいいの?
『高演色LED』の存在
『ルークリ』に適した照明はどうなの?→『演色評価数(Ra)』の高い照明を使います!
『ルークリ』のときの照明の目的

 ①明るく照らすため!
 ②汚れやシミがキレイになったか、確認作業をするため!
 ③動物の毛を隅々まで発見するため!

どんな高演色LEDがいいの?
かずやんが『ルークリ』で、メインで使っている『高演色LED』はこれだ!
こだわりの高演色ハンディLEDライト!
安くて広範囲照射用のクリップ式照明器具と高演色LED電球!

ってお話でした。

 

 

いやぁ、

クオリティのために照明は大事ですよ♪

 

あと、

是非、食卓の照明も、『高演色LED』使って、

おいしそ~を連発してくださいね♪

 

 

この『ルークリチャンネル』では、

 

自分で試し、実践した範囲内ではありますが、

『ルークリ』に関する技術情報や、

洗剤、機器の商品情報を中心にお届けさせていただき、

 

クルマ関係の方々や、自分のクルマをキレイにしたい個人の皆様の

お役に立つのであれば幸いです。

 

 

以上、ルークリチャンネルのかずやんでした!

 

ではまた!

『ルークリチャンネル』の最新情報をチェック!
スポンサーリンク
>最強の『ルークリ』情報をビジネスに!

最強の『ルークリ』情報をビジネスに!


●『ルークリチャンネル』のかずやんです!

・【個人】でこれから自分の力で稼ぎたい方!
・カーディテイリング業界で起業したい方、起業している方!
・業務で『ルークリ』をやっている方!
・中古車販売業を営む方!
・ディーラーの方!
・さらには中古車商品化センターを作ろうとしている方! 

皆様が、カービジネスに使える『ルークリ』情報を、
いろんな角度から価値提供する日本一のコンテンツを目指します!

TOP
CTR IMG