【恐怖!】中古屋さんが『リンサー』を使わない本当の理由

年間300台以上の『ルークリ』を施工しているかずやんがお届けする、

『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

今回は前回の続きとなります。

 

 

前回の記事はこちら

先に読んで!

年間300台以上の『ルークリ』を施工しているかずやんがお届けする、『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。  本日は、【プロの技!】『リンサー』を使った『ル[…]

ここで、『リンサー』を使用した、具体的なシートの『ルークリ』の手順をお話させていただきました。

前回の流れで、シート全脚が終了しております。

見逃した人は、そこから見てくださいね。

かずやん
ちょっと、前回の記事には相当、時間かけちゃった・・・
津 彼太くん
でも、わかりやすかったよ♪
かずやん
あの記事は、一番基本で大切だったからさっ!頑張った!!

さて、

今回は、前回に引き続き、

ヒダカのシートクリーニング用リンサー SRV-01C

ヒダカの強アルカリ電解水(㏗13.2)

を使って、

他の箇所の『ルークリ』のお話と、

その後に待っている恐怖!!

そして、

中古屋さんが『リンサー』を使わない本当の理由ってお話をさせていただこうと思います。

津 彼太くん
恐怖って・・・なんだ!?
『リンサー』を使わない本当の理由ってなんなんだ!?
気になるじゃないか!
かずやん
『ルークリ』の流れだけ知ってたって、
できるもんでも無いからさ・・・
『ルークリ』って・・・。まぁ、お話は最後まで聞こうね。

言えることは、

ちゃんと、起こりうるリスクも知ってて初めて、【プロ】の技!

ってこと!

 

では、始めます。

スポンサーリンク

【恐怖!】中古屋さんが『リンサー』を使わない本当の理由

まずは、前回の話の続きから!

さーて、現状を再確認しましょう。

シート全脚が終わって、休憩しているところですよね。

津 彼太くん
うん

でも、

まーだ終了ではありませんよ!

まーだまだ有ります!

かずやん
さぁ頑張っていこう!

 

⑭フロアカーペットのリンサー掛け

 

このフロアカーペットとは、フロアマットとは違い、
フロアマットの下の、全てがつながった大きいカーペットの方です。
フロアマットは外して、外に出しておいてください。
作業はシートと同じです。からスタートです!
軽い砂ぼこり程度なら、リンサーから進めます。
先にウォンドからの清水の噴射で、まず砂ぼこりを抑え、
ブラッシングで清水になじませてから、
リンサー掛けをして吸い上げる!

結構キレイになりますよ♪

 

ただ、ここのブラッシングのブラシは、シート用のブラシとは違い、

しっかりとしたブラシを使いましょう。ビニール製でOKです。

 

 

ここで、注意点!

砂は取り除けますが、

残ったゴミや草のささって取れないものなどは、『ルークリ』最後の工程の『バキューム』の仕事です。

リンサーで無理に取らないで、先に進みましょう。

 

ただ、

あまりにも砂利や砂ぼこりが多い場合には、先にバキュームのみで吸います。

リンサー保護のためです。

イレギュラーな汚れがあった場合は、後回しにしない!

シミがあることも多々あります!

ジュースこぼしてるとか、しょっちゅう!

 

それにもっとイレギュラーなのは、

例えばガムが、かっぴかぴにこびりついているとか!
飴がドロドロに溶けた後にカーペットにこびりつき、かっぴかぴになってるとか!

いろいろあります。

あまつさえ、

吐いたような跡・・・なんてことも!

 

でも、こういうのは、後回しにしません。取り除いた後にもう一度『リンサー』が必要になるからです。きっちり対処しましょう。

 

洗剤も使用する機会も多いでしょう。

その時には、必ず前回の⑧⑨にある、

しっかりすすぎ洗いとバキュームのみを繰り返すこと!

何度も何度もやって、洗剤を残さないようにしましょう!

 

かずやん
ちなみにかずやんはこのタイミングで、
ペダル関係をキレイにしてます。
スポンサーリンク

⑮ペダルをキレイにする!

洗剤を使用します。
スプレーボトルの噴射力を生かして、結構な量を吹きかけ、
コシのあるブラシでこすります。
そして、50倍のアルカリ電解水のスプレーを吹きかけてすすぎ、拭き上げる!

 

汚れが取れなかったら、その繰り返しです。

 

スプレーはウォンドの清水のスプレーでもOKです。

そして、

ウォンドで吸うのもありです。

そのままリンサー掛けのようにすれば、手間も省けますが・・・

かずやん
これが、なかなか慣れないうちは、うまくいきません。
津 彼太くん
そうなの?簡単そうに思えるけど・・・
かずやん
やってみればわかる!

ちなみに、ペダルの下は洗剤だらけ!

しっかりとリンサー掛けでキレイにしてくださいね。

 

 

じゃ、

フロアカーペットが終わったら、次々と行きまっせー!

 

⑯トランクルーム・バックドア(・各ドア)の生地部分のリンサー掛け

トランクルームに行きましょう。

 

トランクルームは、フロアカーペットとは違う生地が使われていることが多々あります。

より、パイルが大きく、強く、頑丈にできているからです。

 

特に、BMWのXシリーズのトランクルームの生地はごつい!

 

なおかつ、

トランクルームなので、様々な汚れがたまっていることが多いです。

 

砂や砂利、草、油汚れや、タイヤを載せた時の黒ずみ、

アウトドアでキャンプに使用してたら、

めっちゃすごいことに!

 

だから、

しっかりと洗剤の力を使って、しっかりとブラッシングをする!
そして、しっかりすすぎ洗いとバキュームを繰り返す!

 

これが必須条件になってきます。

 

 

次に、忘れがちなバックドア!

 

ホント、かずやんも結構忘れがちです!

バックドアにも生地が張られていることが多いので、そこもチェック!

 

 

要注意!

各ドアに生地の部分がある場合は、

本当はそこもキレイにしたい!って思うでしょうが、

 

なかなか複雑な面のことが多いので、

下手したら余計に汚くする可能性が高いですよ!

 

慣れてから実行して下さい。

 

 

スポンサーリンク

⑰次は、フロアマットのリンサー掛け

 

フロアマットは外せることが最大の利点!

ちゃんと、平面で施工しましょう。

 

やり方は同じですので、それで汚れが落ちればいいのですが・・・

 

普通、一番汚れている場所!

特に運転席のフロアマットは、相当ひどいはず!

 

 

 

では、流れです。

まず、リンサーのウォンドから、清水をたっぷりと噴射します。
洗剤を噴霧し、しっかりとブラッシング!
泡が結構出ますので、しっかりとリンサー掛けで吸いだします。

 

ただ、

何度も何度もリンサー掛けをしないといけません。

なかなか、大変な作業です!

かずやん
 そこで裏技!

 

水が使える状況なら、丸洗いしましょう。
洗剤も使って、キレイにしちゃいましょう。

もちろん、お湯のほうが良いですが、水の場合でも同じ。

 

まず、できるだけ噴射の強い水で、表面と中に埋まっている砂を洗い出します。
そして、洗剤を噴霧し、しっかりブラッシングします。
っで、また、強い噴射の水で洗い流します。

 

ここで、しっかり洗剤の泡がなくなるまで、洗う事!

 

 

びったびたの状態になってると思いますが、

そんなの、

『リンサー』のバキュームで吸えばいいんです♪

 

両面、吸える場合は当然両面ともしっかり吸う!

 

吸う前と、吸った後と、重さを比べてください。結構吸ってますよ♪

ちゃーんと吸ってから天日干しすれば、乾くのも圧倒的に早いですよ♪

 

 

ここでの注意点
リンサーの排水の容量!

 

ヒダカのシートクリーニング用リンサー SRV-01Cは、

清水が6.2L、排水が9Lの容量ですので、その差が約3Lあります。

 

かずやんも、ほぼ満杯になったことはありませんが・・・

かずやん
たまにやっちまいます。

 

いっぱいになったら、音が変わって、急に吸わなくなるので、

その時はすぐに中止!

排水を捨てましょう。本体が壊れちゃいますよ。

 

 

 

 

ってことで、

 

『リンサー』を使った『ルークリ』の手順はこれで終了となります。

 

お疲れさまでした!

 

かずやん
って、ちょっと待って!

実はここで、最終チェックをしてほしいんです!

 

⑱リンサー後の、恐怖の最終チェック!

 

リンサーを使ったシートのクリーニングは一番最初にしていただいたはずですが、

そろそろ表面が少し乾いてますよね。

 

 

・汚れがひどかった場所=リンサーを何度もかけた場所
・シートの端
・シートのサイド部分
 特に座面の横、背もたれの横の下の方

 

新たなシミができてませんか?大丈夫ですか?

 

すすぎが甘く汚れが残っていたり、

バキュームでの吸いが甘く水分が多く残っていたら、

新たなシミができているかもしれません!しかも、輪ジミになってたら最悪!

 

かずやん
恐怖です!

 

その時にはすぐに再度リンサーですすぎ!⑧に戻ってください!

 

 

このチェックでは何もなくても、

乾いたら出てくるかもしれません!

『ルークリ』完了するまで、

何度も!

ことあるごとに!

チェックを繰り返してくださいね。

 

 

一番最悪なのは!

『ルークリ』すべてが完了した後に新たなシミに気付くこと!!

 

泣きそうになりますから。

かずやん
終わったと思ったのに~!おい~!自分のあほ~!!

って思います。

 

そうならないためにも、要チェックですよ!

 

 

『ルークリ』のラストまで、新たなシミも出てこなかったら、

シートの状態のクオリティも相当良いはずです!

感動するくらいキレイになってますよ♪

 

『リンサー』を使った『ルークリ』の、

リンサーを使用する部分はこれで終了です。

 

本当にお疲れさまでしたー

 

では

まとめ

【恐怖!】『リンサー』を使った『ルークリ』、恐怖の最終チェック!

①~⑬までは前回記事

⑭フロアカーペットのリンサー掛け

イレギュラーな汚れがあった場合は、後回しにしない!

⑮ペダルをキレイにする!

⑯トランクルーム・バックドア(・各ドア)の生地部分のリンサー掛け

⑰次は、フロアマットのリンサー掛け

裏技あり! フロアマットの丸洗い方法!

⑱リンサー後の、恐怖の最終チェック!

新たなシミができてませんか?大丈夫ですか?

何度も!ことあるごとに!チェックを繰り返してください!

っていうお話でした。

 

この技を駆使すれば、

圧倒的なクオリティで『ルークリ』ができますよ!

 

ただ、

もう一度言います。

汚れが新たに浮き出るかもしれない!

この恐怖心は、常に持っておいてくださいね!

 

ちなみにこれが最大の

中古屋さんが『リンサー』を使わない本当の理由です!

かずやん
申し訳ないのですが・・・

技術が無いと、

やってもやっても、汚れが戻ってきますので・・・。

天井も・・・シートも・・・

 

だから、非効率だとあきらめちゃうんです・・・。

残念。

良かったら、

こちらを参考にしてください↓

関連記事

【お客様から選ばれる努力!】 『商品化ルークリ』研修のご案内 最近の御社の中古車販売は、好調でしょうか?もっと中古車の売上を確保したい!って思っていないでしょうか?時代の背景と私の過去。目まぐるしく時代は変わり、今ま[…]

 

 

この『ルークリチャンネル』では、

 

自分で試し、実践した範囲内ではありますが、

『ルークリ』に関する技術情報や、

洗剤、機器の商品情報を中心にお届けさせていただき、

 

クルマ関係の方々や、自分のクルマをキレイにしたい個人の皆様の

お役に立つのであれば幸いです。

 

 

 

以上、ルークリチャンネルのかずやんでした!

 

ではまた!

 

『ルークリチャンネル』の最新情報をチェック!
スポンサーリンク
>最強の『ルークリ』情報をビジネスに!

最強の『ルークリ』情報をビジネスに!


●『ルークリチャンネル』のかずやんです!

・【個人】でこれから自分の力で稼ぎたい方!
・カーディテイリング業界で起業したい方、起業している方!
・業務で『ルークリ』をやっている方!
・中古車販売業を営む方!
・ディーラーの方!
・さらには中古車商品化センターを作ろうとしている方! 

皆様が、カービジネスに使える『ルークリ』情報を、
いろんな角度から価値提供する日本一のコンテンツを目指します!

TOP
CTR IMG