【ルークリの避けては通れない敵!】『汚れ』や『シミ』との闘い!

年間300台以上の『ルークリ』を施工しているかずやんがお届けする、

『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

本日は、

 

【ルークリの避けては通れない敵!】『汚れ』や『シミ』との闘い!

というテーマで、お話をさせていただこうと思います。

 

 

前回は、

関連記事

年間300台以上の『ルークリ』を施工しているかずやんがお届けする、『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。  本日は、『ルークリの避けては通れない敵! 汚れ[…]

ていうテーマで、

汚れやシミの付いたシチュエーションは様々。

でも基本、長時間放置された『汚れ』や『シミ』は、取りにくいことや、

その原因別に分類できること!

そして・・・『ルークリ』でも、落とせない『汚れ』や『シミ』もたくさんある!

という、つらいお話もしました。

 

津 彼太くん
そーだったよねー・・・でも、落ちないんだったら仕方ないんじゃない?

 

そうやって、諦めます?

 

それとも、

 

自信をもって、『どんな『汚れ』でも『シミ』でも、必ず落とします!!』

 

・・・って立ち向かいます??

 

そんなことは言えません。

かずやん
だって、ほんとに落とせないんだもん・・・

じゃぁ、このお話は終わり!

 

 

 

 

 

・・・ってならないのが、『ルークリチャンネル』!

 

先に言います!

かずやんは『ルークリ』のときに、こう言います!

 

『全力出して、可能な限り、汚れやシミをキレイにしていきます!もし取り切れなかったとしても、可能な限り薄くしてみます!』

津 彼太くん
熱い男ってかんじー!

 

 

いやいや、冗談ではなく、

本気で汚れやシミを落としにかかります!

 

これは闘いです!

 

この気持ちがなければ探究心は生まれません。

 

この気持ちがなければ、レベルUPは望めません。

 

何とか落としたい!

 

 

 

では、前回の続きなので、⑥から。

スポンサーリンク

【ルークリの避けては通れない敵!】『汚れ』や『シミ』との闘い!

 今回の話は、大前提として、洗剤の知識が必要になります。

先に読んで!

年間300台以上の『ルークリ』を施工しているかずやんがお届けする、『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。  本日は、ちょっと眠くなるようなお話です。[…]

 

 

⑥まずはアルカリ性の洗剤を使って落としてみる!

 

まずは、アルカリ性の洗剤から試していきます。

 

またご紹介いたしますが、

『ルークリ』専用の洗剤もあります。

 

結構落ちてくれます。

 

これで落ちてくれれば、ホッとひと安心。

 

 

でも、

 

そんなに甘くはありません。『汚れ』や『シミ』は完全に取れてますか?

ある個所はキレイになっているけど、

こことここの『シミ』は取れてないぞ!ってなってませんか?

 

 

 

アルカリ性の洗剤で落ちなかった『汚れ』や『シミ』は、非常にやっかいです。

 

 

 

⑦もっと洗浄力の強い、または、アルカリ濃度の高い洗剤で落としてみる!

 

 

それでも、

 

何とか落としたい!

せめて薄くなってくれれば!

 

その思いで、

 

今度は、もっと洗浄力の高い、または、アルカリ性のもっと濃い洗剤を使用していきます。

 

 

ここで注意!!

 

『汚れ』や『シミ』が落ちないときに、どうしても力を入れがちですが、

それでは『汚れ』や『シミ』は落ちません!

 

洗剤の力を使って落とすようにするのが鉄則ですよ!

 

 

 

それでも、

落ちていない『汚れ』や『シミ』があります!

 

どうしよう、落ちていない。

津 彼太くん
十分やったよー。もうあきらめよーよう・・・
かずやん
まだ、あきらめない!まだ俺はやれる!まだ俺は闘える!

不屈の精神で、新たな技を使います!

今度は、

性の洗剤を使用していきます。

 

ルークリで、酸性の洗剤は使用できるの?

 

アルカリ性の洗剤では取れない『汚れ』や『シミ』の場合は、

酸性の洗剤を使用して落とすしかありません!

 

であ、

アルカリ性の洗剤で落ちない『汚れ』や『シミ』の原因って何があるでしょうか?

 

 

⑨アルカリ性の洗剤では落ちない汚れやシミ

 

羅列します!

 

  • 醤油やソース類
  • ケチャップ、液体調味料
  • お子さんが乗るファミリーカーなどによくある嘔吐の『シミ』、こぼした牛乳
  • 古くなった血液
  • 排せつ物  などなど・・・

 

そして、何よりも件数の多さで言ったら、

コーヒーのシミ!!

 

コーヒーですよ!コーヒー!

しかもクルマの中でも、めっちゃ飲んでますよ!

 

朝は必ずマイボトルに、

ドリップで入れたコーヒーも持っていくし、

 

仕事終わりには、ファミリーマートのホットコーヒーMサイズで、

レギュラーの1.3倍のコーヒー濃度が自慢の『濃いめ』がお気に入り!

 

あっ、

関係ないことを言っちゃった・・・。

 

 

⑩え? コーヒーのシミは、アルカリ洗剤では落ちないの?

 

落ちません!

 

落ちないんです!

 

ビールやお酒、コーラやジュース、果物の果汁、そして、コーヒーのシミ!!

 

こういうものは、アルカリ性の洗剤でいくらゴシゴシやっても落ちません。

 

 

じゃぁどうするか!

 

これこそが、酸性の洗剤で落ちる分野なのです。

 

 

 

⑪酸性の洗剤を使ってみる!

津 彼太くん
えー!?まさかっ、酸性の洗剤ってトイレの洗剤使うのー!?
かずやん
大丈夫!ちゃんとこれも、『ルークリ』専用の酸性の洗剤もあるからねっ!
津 彼太くん
あ~よかったぁ~・・・

 

 

でもその『ルークリ』専用の酸性の洗剤ご紹介は、またの機会に。

 

 

⑫アルカリ性の洗剤でも、酸性の洗剤でも、それでも落ちない汚れやシミたち!!

 

津 彼太くん
そんなぁ・・・

 

じゃぁ、クリーニング屋さんはそういう時、どうしているの?

 

洋服のクリーニングでは、

水溶性の大抵のシミは落としてくれます。

 

 

でも、なかなか落ちない汚れは、別のものを使用します。

『漂白剤』を使うのです!

 

ただ・・・

クルマのシートに漂白剤を使うわけには・・・なかなか・・・できません・・・

 

 

そして

油性の汚れでは、染み抜き用の『ベンジン』を使用するのです!

ただ・・・これも

クルマのシートに『ベンジン』使うわけには・・・

 

 

⑬どうしても落としたい!!何が何でも落としたい!!!

 

無理言わないでくださいー。

 

できないんですー。

 

漂白剤を車のシートに使ったら・・・

 

まず、漂白剤には『塩素系』『酸素系』があります。

『塩素系』は白の生地にしか使えません!

その代わり即効性があり、白のものなら、みるみるうちに漂白されていきます。

 

まぁ、真っ白な内装はあり得ませんので・・・。

 

『酸素系』は、衣類の世界なら、柄物にも使える漂白剤とされてます。

じゃぁ、シートのみ使えるかも・・・!?

って思うでしょ?

 

でも使えません。なぜなら、

『酸素系』漂白剤は効果がゆっくりで、漬け置きが基本だからです。

一晩中、シートを漬け置きできますか?できません。

 

ちなみに、『酸素系』漂白剤は基本、

常温使用で、50℃くらいまでは、温度が上がるごとに効果が強くなる性質もありますが、

同時に、変色、色落ちのリスクが急上昇します!(50℃以上は効果が下がるらしい・・・)

 

 

ベンジンを車のシートに使ったら・・・

色落ちのリスクが非常に高い!危険!!

特にベンジンは自然乾燥!揮発して、ベンジン臭が車内に残ったら大変!

リンサーですすぎ洗いするわけにもいかない。自然乾燥を待つしかない!危険!!

 

 

そんなことやってみないとわからん!それでもやってやる!!

 

『漂白剤』や『ベンジン』を使用して『シミ抜き』する場合には、

必ず目立たないところで『色落ちテスト』を実行してから、

やってみてください。

 

でも、

責任は、やった本人に降りかかってきます。気をつけましょう!

 

 

 

 

まとめ(①~⑤は前回記事)【ルークリの避けては通れない敵!】『汚れ』や『シミ』との闘い!

 

⑥まずはアルカリ性の洗剤を使って落としてみる!

⑦もっと洗浄力の強い、または、アルカリ濃度の高い洗剤で落としてみる!

ルークリで、酸性の洗剤は使用できるの? 使えます!

⑨アルカリ性の洗剤では落ちない汚れやシミ

⑩え? コーヒーのシミは、アルカリ洗剤では落ちないの? 落ちません!

⑪酸性の洗剤を使ってみる!

⑫アルカリ性の洗剤でも、酸性の洗剤でも、それでも落ちない汚れやシミたち!!

  じゃぁ、クリーニング屋さんはどうしているの?

  ・水溶性→漂白剤を使う!

  ・油性→染み抜き用のベンジンを使う!

 ⑬どうしても落としたい!!何が何でも落としたい!!!

  ・漂白剤を車のシートに使ったら・・・

  ・ベンジンを車のシートに使ったら・・・ 色落ち必須!

 ⑭そんなことやってみないとわからん!それでもやってやる!!

  色落ちテストをしたうえで、自己責任で・・・

 

 

 

そんなお話でした。

 

 

次回は、

『汚れやシミの原因別と対処法まとめ』をしてみたいと思います。

 

 

 

 

この『ルークリチャンネル』では、

 

自分で試し、実践した範囲内ではありますが、

『ルークリ』に関する技術情報や、

洗剤、機器の商品情報を中心にお届けさせていただき、

 

クルマ関係の方々や、自分のクルマをキレイにしたい個人の皆様の

お役に立つのであれば幸いです。

 

 

 

以上、ルークリチャンネルのかずやんでした!

 

ではまた!

『ルークリチャンネル』の最新情報をチェック!
スポンサーリンク
>最強の『ルークリ』情報をビジネスに!

最強の『ルークリ』情報をビジネスに!


●『ルークリチャンネル』のかずやんです!

・【個人】でこれから自分の力で稼ぎたい方!
・カーディテイリング業界で起業したい方、起業している方!
・業務で『ルークリ』をやっている方!
・中古車販売業を営む方!
・ディーラーの方!
・さらには中古車商品化センターを作ろうとしている方! 

皆様が、カービジネスに使える『ルークリ』情報を、
いろんな角度から価値提供する日本一のコンテンツを目指します!

TOP
CTR IMG