【ルークリの武器!】『リンサー』効果、爆上げ法!

年間300台以上の『ルークリ』を施工しているかずやんがお届けする、

『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

前回は、

関連記事

年間300台以上の『ルークリ』を施工しているかずやんがお届けする、『ルークリチャンネル』をご覧いただきましてありがとうございます。  本日は、ルークリには必須アイテム!『リンサー』[…]

っていうテーマで、

『リンサー』とは、車の布シートをすすぎ洗いができるルークリ専用機器で
なぜリンサーが必要なのか?
逆に、車のシートで、すすぎをしないでいるとどうなるのか?
リンサーの役割

についてのお話をさせていただきました。

かずやん
『ルークリ』にはもう必須アイテム!って思っていただけた?
津 彼太くん
うん。服を洗濯して、すすぎ無しで、着たいと思わなかったもん・・・
かずやん
そこ?

本日は、さらに、

『リンサー』の効果を爆上げする工夫を中心に、
リンサーがなければ、感動するルークリはできない!

 ってお話をさせていただこうと思います。

スポンサーリンク

【ルークリの武器!】『リンサー』効果、爆上げ法!

 

かずやん
効果爆上げ!!

って言っても、何十倍になるわけでもありませんが、

 

いやいや、効果が数倍になたら、爆上げでしょ! ってかずやんは思うので!

 

津 彼太くん

数倍で爆上げっていう??

かずやん

そこ!

突っ込まない!

 

 

では、爆上げ法!開始!(あっ前回からの続きなので、⑦~スタートです!)

 

⑦『リンサー』の清水って水なの?かずやんの工夫とは?

 

それは、汚れ具合や汚れの原因で変わります。

 

もちろん、水のみでも、すすぎ洗いという役割はこなしてくれます。

 

結構汚れを含んだ汚水を吸い上げますので、びっくりしますよ!

 

 

でも、もっともーっと効果を上げるための工夫を、かずやんはやってます。

かずやん
工夫大事!

 

それは何か!

 

 

かずやんの本業でのルークリの場合では、基本的に、

13.2のアルカリ電解水を50倍(㏗11.5)に希釈して、すすぎ用の清水として使っております。

 

この50倍は、通常汚れのときの最低指標にしており、

『タバコのヤニまるけルークリ』のときには、

濃度を濃くしたりと、臨機応変に変化させております。

 

 

一番濃い濃度の使用は、

『嘔吐(ゲロ)のルークリ』のときで、

8倍希釈で使用しております。詳しいお話はまたの機会に。

 

 

⑧リンサーの清水の温度は? かずやんの工夫その2!

 

清水の温度!これにかずやんはこだわります。

津 彼太くん

あ~わかったぁ!

洗濯みたいに、ぬるま湯だったら汚れが落ちやすいってやつでしょー!

かずやん

おー!バレた!先にいわれたー!

でもこの温度って、どんな効果が出るのか知ってる?

 

っといっても、

いろんな諸説があり、どれが正解かはわからない状況ってのが正直ですが・・・。

 

温度は高ければ高いほどいい! ・・・とか、

100℃がいい!とか、

80℃がいい!とか、

30℃がいい!とか、

40℃~60℃がいいとか、

ピンポイントで47~8℃がいい!とか。

 

いっぱいありすぎてわかりません!

しかもどの諸説も、もっともらしく記述され?、研究され?・・・う~む。

 

かずやんのこだわりの清水の温度47~8℃!!

津 彼太くん
え?なんで47~48℃なの?

 

47~8℃ってのが一番自分で納得できたかな?って思うし、環境的なこともあって実践しております。

その理由は3つあります。

 

1)水は、47℃になると、常温(って何度だ?)の約2倍の洗浄効果があるってこと

10℃~40℃までは徐々に水の洗浄力が上がっていきます。

40℃~60℃はほぼ横ばい。

60℃以上もっともっと高温になればなるほど

水の洗浄力は上がるが、生地に対してのダメージもそれに比例して上がる!

かずやん
・・・いやいや、生地にダメージ与えたらダメでしょ!
津 彼太くん
でも、水の洗浄力って温度でそんなに変わるんだー・・・へー!

 

2)洗濯のベストな温度帯が40~60℃の間であること

40℃~60℃で油の融点(固まっている油脂の溶ける温度)に関係しているから。

『ルークリ』も布シートのお洗濯です!

ちゃ~んと、かずやんはいうこと聞きますよ~♪

 

3)使用している『リンサー』の使用水温上限が40℃

41℃以上の温水を吸水すると故障の原因になります!

と記載されています・・・

かずやん
 なぬ?

ですが、

勝手に10℃以内ならOKでしょ!って、勝手な思い込みをしてみる!これも挑戦だー!!
かずやん
これは自己責任です!

 

総合的に考えて、諸説の中の、

清水の温度47~8℃!! これだー!

って、なりました。

 

ていっても、

かずやんが使用している『リンサー』はヒーター付きの『リンサー』ではないため、

清水の温度管理をし、最初が肝心!っとばかりに、シミ取りや汚れ取りを一気に済ませて、すすいでいるのが現状です。

まぁ、シートがきれいになっているし、『リンサー』も壊れていないし、

間違いではないかなってな感じです!

 

しかも、

まだ残ってるし、もったいなーい!って思って、

清水が冷めた状態で『リンサー』掛けした時には、

なかなか『汚れ』が取れなかった感覚がありました。

 

かずやん
だから、感覚値的には、『リンサー』効果、爆上げ状態!

 

⑨じゃやっぱ、『ルークリ』には『リンサー』は必須だね!

 

『リンサー』を使わないルークリもあります。

 

本革シート(アルカンターラも含む)、合皮シートのお車は、当然シートには『リンサー』をかけませんし、

 

布シートでも、納車までに激しく時間がない場合には

『リンサー』を使わない、Dryクリーニングで行く場合もあります。

津 彼太くん
そうなの?
依頼主からの指示でクオリティよりスピード重視が求められることも。

ただ、

Dryクリーニングのときには、

洗剤を使用するかどうか、

洗剤を使用する場合なら、いかに洗剤の残留を残さないようにするかなど、

余計に難しいことのほうがたくさんあります。

 

だから、『リンサー』を使うのです!

『ルークリ』時間はかかるけど、リンサー仕上げのクオリティは高いです。

 

 

 

それに、ここが一番の理由ですが、

 

感動させる『ルークリ』には必須だと思ってます!

 

言い換えると、

リンサーがなければ、お客様が感動するルークリはできない!

 

 

 

まぁ、でも依頼主あってのお仕事なので、その辺は、

仕上がりのイメージの共有をちゃんとして、

臨機応変にやっていきまっしょ♪

かずやん

ちなみに、

かずやんはいまんとこ、

布シートのお車は、全台数リンサー使用ですよ!

 

 

では、まとめです。

【ルークリの武器!】『リンサー』効果、爆上げ法!

 

⑦リンサーの清水って水なの?かずやんの工夫とは?

  →アルカリ電解水の希釈液を使用!

⑧リンサーの清水の温度は? かずやんの工夫その2!

  →47℃~48℃!

⑨じゃ、ルークリにはリンサーは必須だね!

  →リンサーがなければ、お客様が感動するルークリはできない!

 っていうお話でした。

 

 

 

この『ルークリチャンネル』では、

 

自分で試し、実践した範囲内ではありますが、

『ルークリ』に関する技術情報や、

洗剤、機器の商品情報を中心にお届けさせていただき、

 

クルマ関係の方々や、自分のクルマをキレイにしたい個人の皆様の

お役に立つのであれば幸いです。

 

 

 

以上、ルークリチャンネルのかずやんでした!

 

ではまた!

『ルークリチャンネル』の最新情報をチェック!
スポンサーリンク
>最強の『ルークリ』情報をビジネスに!

最強の『ルークリ』情報をビジネスに!


●『ルークリチャンネル』のかずやんです!

・【個人】でこれから自分の力で稼ぎたい方!
・カーディテイリング業界で起業したい方、起業している方!
・業務で『ルークリ』をやっている方!
・中古車販売業を営む方!
・ディーラーの方!
・さらには中古車商品化センターを作ろうとしている方! 

皆様が、カービジネスに使える『ルークリ』情報を、
いろんな角度から価値提供する日本一のコンテンツを目指します!

TOP
CTR IMG